恋占いが当たる原理

これから書く事は一切信じなくて結構ですけど、占いを信じますか?

聞くところによると恋占いってのは太古の昔から行われていたようですけど、全般的に他の占いに比べて恋占いってのは当たる確率が高いのです。

その原理ってのは心理と行動が大きく関係してくるのですけど、その占い師がですね自信満々に貴方には必ず一年以内に恋人が出来ますって断言したとしましょうか?

そんな馬鹿なことがあるもんか、などとあり得ない夢物語に感じてしまった人は勿論その通り占いが当たること無く恋人は一年たっても出来ていない可能性が非常に高いわけです。

けど本当にその占い師が当たると評判が高くて、雰囲気的にも何だか高い霊能力を持っていそうな人で、この占い師がいうからには必ず自分に恋人が出来ると、心から信じてしまったら高い確率でその通り、恋人が出来るのです・・信じなくて良いですからね。

これは恋愛コーチの世界においても同じことが言えるのですけど、恋人関係だろうが仕事関係だろうが自分が出来るって心から自分を信じられているかどうかによって結果は天と地ほども変わってきてしまうんですよね。

わかり易い例で例を書いてみますけど、全く泳いだことがない二人の男性がいたとしましょうか?

一人は自分は絶対に泳げる筈だ、みんな普通に泳げるようになっているんだから自分が出来ないわけがないと確信している人とですね、無理!自分は絶対ダメってまだやってもいないのに変なふうに確信している人では、もう結果は分かりますよね?

恋愛コーチングの世界では一にも二にも自分に自信を持って貰わないと、行動力も出てきませんしいくらテクニックを伝授しても、まず失敗する可能性が高いのですけど、結構この取っ掛かりの部分で苦労する人も少なくないのです。

なんてことを考えていたのですけど、ふとですね思いついたのが何処かの恋占いをする占い師さんと業務提携をいたしまして、私がその占い師さんを良くあたりますよって紹介して、裏で繋がっているその占い師さんが、必ず恋人が出来るって宣言してくれたらコーチングの成功率が更に上昇して100%になるのではないかな?なんて妄想してしまったのです。

追伸
真偽の程はさておいて古の卑弥呼さんとか日本武尊命がいらした時代から、占いは存在してなおかつ国の大切な方向を決める際に使われてきていますよね?

そんな大事なことを占いなんてって事じゃなくて、人知の及ばないような大切な事を決めるのだから占いを活用していたのでは無いでしょうかね?